くびれ美人の作り方や短期間で行う方法研究会

くびれ美人の作り方や短期間で行う方法研究会

毎日の生活の中で、雑誌やテレビをふと見た時にくびれのキレイなモデルさんや女優さんと自分を比べてしまう事ってありませんか?
このサイトでは、そんなくびれにあこがれる方のダイエットサポートとして、くびれ美人を目指していきます。

 

 

くびれ美人の作り方や短期間で行う方法研究会

 

 

女性の永遠のテーマである「くびれ美人」今回はこのくびれ美人にスポットを当ててどうやってくびれを作るか?あるいは、短期間で作る事は可能か?という事を説明していきます。

 

 

 

 

くびれとは?

まず、くびれとは、どこからがくびれなのか?ですが、単純にウエストが細ければ、くびれなのか?ウエストが太くても、その他の部位が更に太ければくびれなのか?という事ですが、ここでは、くびれの定義として、その人の標準体重よりも体重が少ない状態でウエストにくびれができていれば、それは正式な「くびれ」としていきます。

 

 

くびれの前に

当サイトでのくびれの定義から、くびれを作っていくには、まず自分の標準体重を知り、かつその体重以下までダイエットをする必要があります。
くびれを作るのは標準体重に到達してから作る様にしていきましょう。

 

 

では、今現在の標準体重の計算方法としてBMI値で計算していきます。
そのBMI値を求めて標準体重を求めていきましょう。

 

 

更に割り出した表う順体重と自分の現在の体重の差がどのくらいかを計算していきます。
この計算で出された体重差が目標の減量分であり、これを達成したところからくびれを作る事が出来る様になっていきます。

 

 

まずは減量

目標の体重がわかったところで、減量を行っていきます。
減量をしていくのに必要な事はまさにダイエットですが、このダイエットを実践していくにあたってのポイントを説明していきます。

 

 

1.食生活の改善
2.運動量の増加

 

 

ダイエットにはこの2つのポイントが必要です。
これはくびれ美人への入り口なので頑張っていきましょう。

 

 

食生活の改善

では、食生活の改善について、説明していきます。
まず、一日の生活リズムのお話しですが、AM4:00〜12:00は排泄の時間とされています。
これは、前日に食べたものを排泄する時間としており、ここで朝食などを食べ過ぎてしまうと消化や排泄がスムーズにならなくなってしまいます。
その為、この時間帯の食事は極力抑えて、野菜や梅干しなどの酵素を中心に摂取していくと良いせしょう。

 

 

PM12:00〜20:00は消化・吸収の時間帯とされていて、一日の中で最も食事量を多く摂取して良い時間帯です。
特に昼食を多めにしておきましょう。
但し、脂肪になりやすい炭水化物はなるべく控えて、タンパク質や野菜などを多めに摂る様にしていきましょう。

 

 

注意点としては、夕食です。
夕食の時間帯は人により様々ですが、できればPM20:00までに済ませておくことが最適です。
もしこの時間帯よりも遅くなってしまう場合は、スープや野菜のみにしたり、PM20:00前に一旦おにぎり一個だけ口にしておき、夕食を2回に分けるなど工夫をしてみるのも一つの方法です。

 

 

PM20:00〜AM4:00は代謝の時間帯です。
この時間は食べたエネルギーより新陳代謝をさせ疲れを取り、明日からのパワーをため込んでおく時間帯です。
その為、この時間に食事や間食はなるべく避けておくようにしましょう。

 

 

これが一日のサイクルとなっていきます。
このうえで、一日のサイクルに注意しながら、食事内容を改善していきます。

 

 

食事内容を変えていく!!

では、生活リズムが分かったうえで食事内容をどの様に改善してくびれ美人へ向かっていくのか?という事ですが、まず食事配分として、朝食・昼食・夕食のうち、「朝食は少量、昼食は多め、夕食は中くらい」としておくと良いでしょう。まずは、この配分によって食事量全体のコントロールをする事で、カロリーの摂り過ぎにならない様にしていきます。

 

 

次に食事内容を具体的どうしていくのか?というところです。
くびれ美人になる為のダイエットにおいて必要な事は、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えて食事をしていく事にあります。
これは、脂肪燃焼を考えていくうえでとても大切な事です。
食事で摂った栄養よりもトレーニングなどで消費したエネルギーの方が大きければ、単純に脂肪は燃焼されていき、くびれを作りやすい体へと変わっていきます。
その為、食事内容自体を今までよりも改善していく必要があります。

 

特に糖質とタンパク質のバランスには注意が必要です。
糖質は脂肪の素となるので、摂れば摂るほど脂肪がついていってしまいます。
しかし、最低限の量は摂取しておきたいので、ごはんであれば日に茶碗1杯、食パンなら1枚、麺類なら80gまでに分量を抑えると良いとされています。

 

また、タンパク質については、筋肉を作るので、基礎代謝量の向上を考えると、できる限り肉・魚・卵・大豆などからタンパク質を摂れる様にして行きましょう。
そのほかにもビタミンやミネラルの補給も健康管理上意識した方が良いので、野菜も摂っていくと良いでしょう。

 

野菜が摂りづらいという方や朝食の内容についてメニュをどうすれば良いか?という事であれば、こちらの「リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!」の参照をおすすめします。

 

 

 

運動量の増加

さて、ここからはくびれ美人を作るための運動について説明していきます。
食生活や食事内容のコントロールと同じくらい大切な運動によるエネルギーしょうひですが、くびれ美人を短期間で作る為に何から始めれば良いのか?という事があります。
まずは、運動をあまりしてこなかった運動初心者の方に合わせて説明していきます。

 

まずはウォーキング

運動初心者でも行えるウォーキング。これはダイエットについて非常に大切な基本的な動きとなります。
運動が得意な人でも歩き方や姿勢が悪い人がたくさnいますね。
このウォーキングはただ歩くだけとなめてはいけません。
実際に姿勢や歩き方をしっかり行うと、きっちりとした全身運動や体幹による腹筋動作が非常に重要な事に気が付きます。
特に腹筋の動作は、くびれを作るのに大切な筋肉でもありますから、特に集中して姿勢や歩き方を覚えていきたいところです。

 

ウォーキングの姿勢

ウォーキングの姿勢は、つむじから糸で吊るされているような感覚にして軽くあごを引きます。
そこから体の中心線を縦に作り、ずれない様に前進みます。
下半身は、ガニマタにならない様に、歩き出す足はカカトから字面に入り、親指の付け根にある母指球で字面を捉えて後ろにけります。
腕は脇が開かない様に注意して軽く肘を曲げながら、腕を振るというよりも肘を後に引き、腕を前に出す時は肘の力を抜いて振り子の力で腕を前に出す感じでいきます。

 

歩く速度はいつもより速い速度にして、呼吸はなるべく腹筋を使える呼吸として鼻から2回
、口から2回吐きます。ちょうど「スッスッハッハ」というリズムになります。

 

これを30分以上繰り返すだけでもかなりのエネルギー消費と筋力アップを目指せます。
まずはウォーキングに慣れて、運動の負荷を上げても耐えられる体作りから行っていきましょう。

 

 

ジョギングや水泳など

ウォーキングに体が慣れてきたら、徐々に負荷を上げていきます。
次にジョギングや水泳を取り入れていきましょう。
瞬発的な筋トレなどは、行ってもいいかもしれませんが、まずは基礎体力を作る事が先決です。その為、ジョギングや水泳による有酸素運動を行っていきます。
特に30〜60分くらい継続して行える事を目指していきましょう。
この時、スピードやタイムはあまり意識せず、まずは達成させる事から始めて、小さい成功を少しずつ積み重ねていきましょう。

 

そうする事で、更に継続していくことがで切るようになります。

 

筋トレ

ジョギングなどの有酸素運動に慣れてきたら、筋トレを初めてくびれ美人を目指していきましょう。
この頃になると、基礎代謝もだいぶ上がってきているはずです。
更に基礎代謝を上げれば、減量の率も向上されて、くびれ美人を目指していきます。

 

筋トレは単純に腕立て・腹筋・背筋・スクワット。これだけを、30回行うだけでもかなり変わってきます。
但し、あまり焦り過ぎて故障をしない様に気をつけておきましょう。
怪我などをしてしまうと、そこでダイエットは停滞してしまって、くびれ美人どころか、リバウンドして元に戻ってしまう可能性すらあります。
その為、怪我には注意が必要です。

 

くびれ美人をつくるために

くびれ美人を作る為に必要な事はたくさんありますね!!
まずは食事内容や食生活の改善から始まり、運動をして体を作っていく。
これは簡単なようで、継続する事が一番難しい。
どうしたって、自分がやらなければくびれ美人はできませんし、まわりの人たちは自分がくびれを作る事に興味はあまりない事が多く、食事の誘いやおかしを分けてくれたりと、くびれ美人を目指す人にとってNGな事をしてきます。
これは、自分の付き合い方などによってもたらされるものなので、ごはんは付き合えば良いですし、頂きものはお家に持って帰るなどをしても良いでしょう。
但し、食べ過ぎには気をつけて、自己管理はしっかりしていくようにしていきましょう。

 

そうしたストレスとも向き合う事で初めて自己管理と自分がどういった性格なのかが分かる時もあります。
そこからの成長もできるかもしれません。
そうした経験を活かしてくびれ美人を目指していきましょう。